MENU

facebookで人探し!知り合いを見つけられる検索方法は何?

人を探したいときに、意外と有効なのがFacebookを使う方法です。
「Facebookで人を探せるなんて知らなかった…」という方もいると思いますので
今回はFacebookを使って人探しをするメリットや検索方法を紹介したいと思います。

 

Facebookで人探しをすることのメリットとは?

Facebookでの人探しは、氏名や年齢や、住んでいる地域という手がかりだけでも全国のFacebookユーザーの中から検索することができるので、非常に便利なSNSの1つです。
インターネット上のことなので、全てのプロフィールを信用することはできませんが新たな手がかりが手に入る可能性もあります。

 

さらにFacebookでは以下5つのことからも検索することが出来ます!

  • 出身地
  • 生年月日
  • 学歴
  • 交友関係
  • 行動地域

このように詳細な情報からも、探せるので他のSNSに比べて個人の特定は比較的しやすいと考えられます。
また、検索してみて探し人が見つかれば、すぐにメッセージを送って連絡を取ることも可能です。

 

実際にFacebookを使って人探しをする

Facebookは人探ししやすいSNSの一つですが、その使い方を説明していきたい思います。

 

Facebookでの人探しに必要な3条件

まずはより効率的にFacebookで人探しをするために必要な3つの前提条件から説明していきます。

  • 探し人がfacebookに登録し、情報を公開していること
  • 探し人が公開範囲を限定していないこと
  • 探し人にブロックされていないこと

これらがクリアされていればFacebookで人探しが上手くいく可能性が高くなります。

 

「探し人がFacebookを利用していないかも...」なんて心配するかもしれません。
それではFacebookで人探しをする意味がなくなってしまいますから...。

 

ただ、現在Facebook利用者はどんどん増えてきており、登録者のほとんどが「実名」で登録しています
なので案外探し出せる可能性は高いです。一度試しにFacebookで人探しをしてみる価値はあるかと思います!

 

しかし家出や失踪をしている人を探す場合には、Facebookはあまり効果的ではないかもしれません。
理由としては自分の居場所を隠したい人がFacebookに実名で登録するとは考えにくいですよね。
以前に登録していたとしても現在の住所を素直に登録するとは思えません。

 

Facebookを利用した人探し方法

Facebookで検索をする方法としては基本的にトップページ上部中央の検索窓にキーワードを入れ込みます。
もし検索結果が十分に表示されなければ
プルダウンメニューの一番下に○○の検索結果をもっと見る、という箇所があるので、そこをクリックします。

 

Facebookの使い方が分かったところで実際にどのように検索すれば良いのか
4つの方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

友達検索機能を使う
キーワード検索を使う
連絡先を使う
友達から検索する

 

Facebookの友達検索機能を使う

Facebookには「友達検索機能」というものがあります。
以下それぞれの項目を検索にかけてみると探している人が見つかるかもしれません。

  • 人名
  • 出身地
  • 居住地
  • 出身校
  • 勤務先
  • 趣味・関心

もし見当たらない場合も、漢字やひらがな、ローマ字などの表記の仕方を変えながら試してみましょう。
例えば、漢字表記には「沢」と「澤」のように同じ意味だけれども表記の仕方が違う漢字があります。
また、スペースのアリ・ナシを変えてながら再度検索してみるのもいいかもしれません。
とにかく何度も検索ワードを変えながらひとつひとつ調べていくのが良いと思います。

 

Facebookのキーワード検索を使う

Facebookには探し人に関連する様々な事柄から検索ができる機能があります。
例えば

  • 高校、大学以前の出身校
  • 部活
  • 所属団体
  • ニックネーム
  • 好きなもの
  • よく行く場所

このように探し人についてのかなり細かい情報から検索を行うことが出来ます。
探し人と親しい人なら有力な情報を得られる可能性が高そうですね。

 

さらに詳細な検索結果を出すために
「○○に一致する結果をすべて見る」を選択するとより多くの検索結果を表示することが出来ます。
また、「検索結果を絞り込む」や検索フィルタを登録することで調べたい事項に合わせて検索結果をチェックできます。

 

連絡先を使う

Facebookには連絡先を使って調べることもできます。
これは連絡先が分かればとても効率的な探し方だと思います。
Facebook上で検索欄に電話番号やメールアドレスを入力してみてください。
探し人がアカウントを持っていれば、ヒットする可能性が高いはずです。

 

友達から検索する

探し人本人ではなく、その「友達」を検索するというのもひとつの方法です。
もしかしたらその友達から本人に繋がる可能性も十分にあります!
この方法で注意して見るポイントとしては

  • 友達リスト
  • Facebookでの投稿にイイネやコメントをしている人
  • 写真に写っている人

この3点を重点的に見る必要があります。
かなり骨の折れる作業になりますが、探し人の重要な手掛かりが見つかるかもしれません。

 

また、Facebookには「知り合いかも」という機能があります。
これはFacebookが共通の友人が多い人を、「この人も知っている人ではないか...」と判断して
友達である可能性が高い人を一覧で表示してくれる機能です。

 

この機能を使えば、探し人が旧友だった場合に友達を介して「知り合いかも」の一覧に表示される可能性が高くなります。
この部分は定期的にチェックしておくのが良さそうですね。

 

緊急性の高い人探しの場合

緊急性の高い場合はネットでの人探しには向かないでしょう。特に事件性のある場合はすぐに警察に相談をしなければ重大な事件に巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

こういった場合は、「探偵」に頼むのが一番良いでしょう。
人探しのプロに依頼することで、安全で効率的に探し人を見つけることが出来るでしょう。

 

人探しと言えばここ!原一探偵事務所

原一探偵事務所

探偵業界随一と言ってもいいほどの実績を持っているのが、こちらの原一探偵事務所です。
設立から40年以上、11万件以上の依頼を解決してきました。
その中にはテレビ番組への調査協力も含まれています。
テレビ番組内では、多くの人が探していた人との再会を喜んでいる姿が放映されています。

 

まずは情報を提供しましょう

自分で人探しを行う時と同様に、「相手の情報」葉必要不可欠となります。
どんなに小さなことでも、ひょっとしたら重大な手掛かりとなるかもしれません。
探偵に依頼する際には相手についての情報はなるべく多く伝えておきましょう。

 

違法な手段はとりません!

原一探偵事務所の調査は聞き込みや行動調査が中心です。
不正に個人情報を入手するなど、法に触れるような調査は行いません。
また、依頼人のプライバシーも守られるので、あなたから依頼を受けて調査していることも周囲にばれません。

 

アフターフォローもしてくれる!

相手を探し出すことも大事ですが、それ以上に大事なのがその後の相手との関係性です。
あなたは見つかってよかったと思っていても、相手も同じ気持ちとは限りません。
そんな時、原一探偵事務所の相談員やカウンセラーが相手との接し方についてアドバイスをしてくれます。
調査前や調査中でも相談可能ですので、自力で調査する場合よりも精神面の負担が軽くなります。

 

調査料金について
基本料金 40,000円
調査費用 80,000円〜/1日
追加料金 なし

 

調査費用には人件費、機材費、報告書作成費などの諸経費が全て含まれています。
総額は依頼人と探偵で打ち合わせをして決定していくので、希望予算があるならその時に伝えるといいでしょう。
また、料金内訳は見積もりの段階で全て開示されるため、追加料金が発生することもありません。

 

コストカットのポイントは相手に関する情報をとにかく多く提供することです。
調査がスムーズになればなるほど調査時間が短くなるため、結果的に費用を抑えることになります。

 

お問い合わせ
人探し専用フリーダイヤル

0120-72-0133(24時間・年中無休)

公式サイト https://www.haraichi.co.jp/
(メール相談可)

 

探している人が見つかった時

Facebookで探し人やその人と親しくしている人を見つけた時
早く直接連絡が取りたいと焦る気持ちも理解します。

 

しかしせっかく見つけたにもかかわらず焦ってしまい探し人に万が一失礼な対応を取ってしまったら
探し人は連絡を返してくれない可能性もあります...。
一度落ち着いて適切に連絡を取ってみましょう。

 

探し人本人を見つけた場合

探し人が見つかったときは直接メッセージや友達リクエストを送りましょう。
メッセージを送る際には「探していた理由」などもしっかり添えておくと探し人からの連絡が返ってくるかもしれません。

 

探し人と親しい間柄の人を見つけた場合

その親しい人にメッセージを送ってみましょう。その場合にも同様に
「探し人本人とコンタクトを取りたい理由」をしっかり伝えたい理由を添えると良いと思います。
もしかしたらその人から探し人本人に、あなたが探していることを伝えてくれるかもしれません。

 

失礼のないような文章を心がける

探し人本人が見つかった場合もその親しい人が見つかった場合でも
1番注意すべきことは「失礼のないような連絡の取り方」ではないでしょうか?

 

そもそも探し人とはどんな関係性だったかを考えてみるといいかもしれません。
仲が良かったけれど連絡先が変わってて連絡が取れなかったのか、喧嘩別れしてしまったのか。
人によって様々な関係性があったのだと思います。
その人から返事があるとは限りませんが、見つけたのならば一度連絡を取ろうとしてみるにも良いかもしれません。